携帯音楽を守りたい

Read Article

RIAJ、違法音楽配信対策

日本レコード協会(RIAJ)は、携帯電話向けの違法な音楽配信への対策として、レコード会社やアーティストらと協力したキャンペーンを実施する。携帯向けの特設サイトがオープンされ、音楽ファンに向けてさまざまなアーティストからメッセージが発信される。キャンペーンは年間を通して実施される予定。

今回実施されるキャンペーンでは、携帯電話向けの特設サイトをオープン。違法な音楽ファイルの利用をやめるよう呼びかけるキャッチコピーとともに、同協会会員のレコード会社やアーティストと協力して、さまざまなメッセージが発信される。オープン当初は伊藤由奈、w-inds.、倖田來未、DJ OZMA、ファンキーモンキーベイビーズの5組のアーティストからのメッセージが公開され、登場アーティストは順次追加される。

同協会は発表の中で、携帯電話向けの音楽配信市場が音楽産業の新たな柱のひとつになりつつあるとする一方、違法行為の急増も指摘している。同協会の調査によれば、携帯向けの違法な音楽ファイルは年間2億8,700万ファイルもダウンロードされているとのことで、健全な市場の発展を大きく阻害しているとしている。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)