携帯音楽を守りたい

Read Article

違法な携帯向け音楽配信の利用動向調査

日本レコード協会は、「違法な携帯電話向け音楽配信に関するユーザー利用実態調査」と題して2007年版の調査結果を公表した。11月12日~15日にかけて、携帯電話を使ったアンケートが実施され1,054のサンプルを得た。

同調査によれば、違法サイトの認知率は82.5%となり、37.1%が利用していることになった。とくに違法な着うたフルのダウンロード数は2006年と比べ、10代ユーザーの間で大幅に増加した。また、「違法サイトへ音楽データをアップロードしたことがある」と回答したユーザーは14%となった。

日本レコード協会では、今回の調査結果を踏まえ、年間で3億9,900万ファイル以上が違法にダウンロードされていると推定。着うた/着うたフルの年間ダウンロード数である3億2,700万回(2006年10月~2007年9月)を上回るとまとめている。

違法ダウンロードの回数をベースに、着うた1曲105円として単純計算すると、違法ダウンロードの総額は418億9,500万円と試算できる。ただし、被害総額について日本レコード協会では「何をもって被害とするかは曖昧」として公表していない。

同協会では、今後も継続的な啓発活動を行なっていくとしている。

 


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)